お知らせ

新型コロナウイルス対策について

①医師・スタッフ感染予防の徹底

職員は午前、午後ともに就業前に体温測定を行い発熱がある場合には就業を自粛しております。 全職員はマスク着用、一人の患者様対応につき手洗い及び手指消毒を徹底して業務に当たっております。

②窓・扉の開放、空気清浄機などによる換気

窓や扉を定期的に開放するなど空気をとどまらせないよう定期的に20分程度の換気を行っております。

③診察室・治療・検査機器、院内設備の除菌

次亜塩素酸水を用いて定期的に手すりや手が触れる場所に消毒作業を行っております。

④ご来院される患者様へのご協力の遂行

院内では手指消毒、手洗い、マスク着用のご協力をお願いいたします。

⑤「BACTECTOR O3」を導入

この装置は搬送患者が残す菌やウイルスなどから同乗する救急隊員を守るために、全国500以上の救急車に搭載されております。オゾンは強い除菌・脱臭分解力を有し酸素からできているため役目を終えれば酸素に戻り残留しません。空気中のウイルス、細菌、微粉塵、花粉や臭いをすばやく除去できる高性能で信頼性の高いシステムです。

発熱されて受診される患者様へ

現在、新型コロナウイルス感染が全国に広がっております。

当院には持病を持つ高齢の患者様が多数おり、また介護施設が併設されております。免疫力の低下している方は感染により重症化する可能性があります。当院でも可能な限り発熱された患者様と他の患者様を隔離して診療しておりますが、構造上完全に隔てる事が困難であるため、当面の間は発熱された新患の方の受付はお断りさせて頂きます。

尚、再診の患者様で発熱された場合は以下の注意事項をご確認の上、必ず事前に電話をしてから御来院ください。御不便をお掛けいたしますが、御理解の程よろしくお願いします。

注意事項

37.5℃以上の発熱が4日以上続く、強い倦怠感、呼吸困難等の症状がある方は、帰国者・接触者相談センターもしくは千葉市保健所に御連絡ください。
(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患のある方、透析を受けている方、免疫抑制剤投与されている方は、上記症状が2日以上続いた場合)

その他コロナウィルスに関する情報は、千葉市が公開している感染対策のページをご参照ください。

千葉市 新型コロナウイルス感染症に関する情報(特設ページ)

Information.診療情報

診療時間
9:00 - 12:00 × (第2,4)
15:00 - 18:00 × ×

休診日:金曜、日曜(日曜は第2、第4のみ診療)
◎:土曜午後 14:00〜16:00
▲:第2、第4日曜 9:00〜11:00

  • 受付は診療終了15分前まで行っております
  • 日曜日の午前診療は混雑のため少々お待ちいただくことがあります
  • 予防接種の方は事前に体温を測定し必ず母子手帳をご持参ください